家賃保証会社を利用出来る所がおすすめ

かつては保証人が必須だった

かつて日本においては、賃貸住宅の契約時に基本的に保証人を用意しなければなりませんでした。なぜなら、大家さんの中には家賃収入で生活をしている人や賃貸物件の建築費を支払っているような人も多いからです。居住者からの家賃入金が滞ると自分達の生活に大きな支障をきたすため、万が一入居者が家賃を支払えなくても必ず替わりに支払ってくれる人でなければ入居させる事はできませんでした。

しかし、21世紀に入ると、家賃保証会社というものが次々に登場し、その状況は様変わりしてきたところがあります。ちなみに、この保証会社というものは、契約者(賃貸物件入居)がどうしても家賃が払えない時に、替わりに大家さんへ家賃を支払ってくれる存在です。物件情報に「保証会社利用可」と記載されている賃貸住宅であれば、保証会社と契約して年間数万円前後のお金を払うだけで入居申し込みが可能になります。

家賃保証会社利用可能な物件はなぜおすすめか?

保証人になるという事は家賃を肩代わりするリスクがあるため、親や兄弟など近い関係の人でないとなかなか頼む事ができないものです。もし親や兄弟との関係が良好であれば問題ないものの、不仲であまり頼み事をしたくないような場合は保証会社はとてもありがたい存在になります。また、親や兄弟が遠方に住んでいるとなると、保証人が用意する書類を作成するのに、相当な手間暇がかかります。一方、保証会社を利用すれば遠方まで出向いて必要な書類への記入をしてもらったり、所得証明などの書類を用意してもらう必要もありません。 その他、近所で盗難事件が多発するなど何らかの事情で急に引越しがしたいと思った時にも家賃保証会社が利用できる物件はおすすめです。保証会社に提出する書類への記入をするだけで手続きは完了しますので、引越しを思いついた日から最短1週間程度で誰の力も借りずに新居へ入居可能です。